「海−自然と文化」  東海大学紀要海洋学部 第1巻 第1 71-77頁 (2003)

水温急上昇で捉えた駿河湾の急潮

The Kyucho in Suruga Bay Detected from the Steep Temperature Rise

 

稲葉栄生・勝間田高明

Hideo Inaba and Takaaki Katsumata

 

    

 199311月中旬と19941月上旬,駿河湾の湾口東部と湾奥西部で,3日間に約4.5℃の水温急上昇が観測された.湾口東部の水温急上昇の原因は黒潮系暖水の流入の影響であった.湾奥西部の水温急上昇は流入した暖水が湾岸沿いに反時計回りに巡って為であった.従って,両地点での水温上昇は急潮と呼ぶ事が出来る.急潮をもたらした黒潮系外洋水の流入は同湾沖での黒潮流路の北上によりもたらされた.両地点における水温急上昇の時間差と距離から求めた2度の急潮の移動速度は199311月中旬は39 cm/sec19941月上旬は38 cm/secであった.これらは19923月上旬に発生した急潮(稲葉ほか,2003)の約半分に過ぎない.また,急潮に伴う水温変化は同湾の水位変動にはほとんど影響を与えない.


海の天気予報に戻る

うみガエルWEB

(C)1997-2005 umigaeru